徒然なるままに、気が向くままに

日々徒然から、サイトの更新まで、笑える日常(でも、本人まじめ)を目指すぞー(笑)

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ベルギー珍道中5 パトラッシュ僕はもう疲れたよ。に行ってきた  

ベルギー観光最終日はアントワープ。あのフランダースの犬の舞台となったと言われている街です。
ベルギーの中心地ブリュッセルはいかにも観光地って感じで日本にたとえるならば京都とか鎌倉っぽい感じ。アントワープは銀座とかそんな感じ?
ショッピングしたいならアントワープがオススメ(と思われる)いろいろなブランドのお店もあればカジュアル系のお店もあった。そして至る所にセールの札が(笑)
そんな誘惑もある街です!
・この日は四人でアントワープへ行くことに。ってことで、いつも通り七時起床。八時にホテルで朝ご飯。
・北駅でIヌダさんと合流後アントワープへ目指します。アントワープまではおよそ40分ぐらいだったかな?
・アントワープの駅もまるで美術館のよう!すんばらしぃ。
・それにしてもベルギーは至る所に落書きが施されておりまする。車窓から見ていてもあの壁にどうやって落書きしたんじゃ?というような所まで施されている。
・正直に言えば芸術的な絵であっても、落書きがあるとあまり治安が良さそうには見えない・・・まぁ、この行程中変な所へ立ち寄ってないので問題なく過ごせましたが。
・アントワープに着いたらまずはノートルダム大聖堂を目指しまする。なので最初はメトロで移動。帰りを駅に向かって歩いて散策しながら帰ってくるのが○
・ノートルダム大聖堂といえばあれですよあれ。ネロが見たかったルーベンスの傑作。「聖母被昇天」「キリストの昇架」「キリストの降架」他13点展示されておりました!
・もちろん天井画も。おもわず「ぱとらっしゅ僕はつかれたよ・・・」とツイッターでつぶやいて画像をUPしたら何人かの友達がリアクションをくれた(笑)
・うん、らんらんらーんと効果音がどこそともなく聞こえてきたきがします。
・ちなみにその場でもぼそっとつぶやく(笑)
・ステンドグラスもとてもきれいでした。
・いつまで見ていてもあきない~
・ここで撮った写真が一番多いかもしれない(笑)
・じっくり思い思い堪能したらショップエリアへ。
・はがきを何枚か買ってお会計。
・私の後に会計をしたYマダさん。14ユーロなのに。40ユーロと聞き間違えてあれ?こんなに買ったけ?と思いつつも何の疑問も思わず払おうとしたらしい。バリいったら確実にぼったくられるね( ̄▽ ̄)と確信。その後もまた同じことがあったので確実にぼったくれる。←もはやバリ云々ではなくなっている。
・ノートルダム大聖堂の前にはトヨタが置いた記念碑なるものがあります。記念碑に刻まれている文字は日本語。フランダースの犬は日本でこそメジャーな話だけれど、現地では知らない人もいるとか?その昔なぜ日本人がこんなに来るんだ?といわれていたそうだ。
・前にどっかで聞いたことのある話だけれど、こんな酷い話を子供に聞かせることはできないと思うらしい。ほら、向こうは建前上お金持っている人は貧しい人を助けなきゃ行けない貴族のなんちゃら~という意識があるから、子供が寒空で飢え死にってのはありえない。とか思うらしいのだ。
・アメリカ版のフランダースの犬はネロとパトラッシュはハッピーエンドとなって終わるって聞いたなぁ。
・まぁお国が変われば事情が変わるってやつだ。
・ノートルダム大聖堂の後はなんちゃら広場でルーベンスの像をとりつつなんちゃら広場(ガイドブックが手元にないので名前がわからん)を周り、肉のギルド(だっけ?)やなんちゃら砦だったか城だかを見てから広場に戻ってお昼タイム。
・この時はいったレストランにはムール貝がなかったので、んじゃスープとソーセージ二皿頼むか。とメニューとにらめっこ。
・チョリソーと読めるスペルがあったから、これチョリソー?と確認して「そうだチョリソー、チョリソー」というからそれを二皿オーダー。
・私たちが入った時にわんこ連れのご婦人がいて、声をかけさせて触らせていただく。テリアだったけれど何の犬種だったけ?ど忘れしたけれど、そのとき「○○テリア?」って聞いたらビンゴ。生後三ヶ月のわんこちゃんだった。
・そういえばこの滞在中コギ様はおみかけせんかった(><
・テリア系を多く見かけたほか、ゴールデンやラブ、シェパードが多かったかな?ちなみに「レットリーバ?」と聞いても「?」というリアクションをされてしまった。向こうでは「レットリーバー」ではなく「レットリーブ」でした。
・アントワープの地ビールと共に出てきたスープはトマトのベジタブルスープ。優しい味わいでうまし。量もほどよい感じ。
・んが出てきた「肉」をみて、一同「?」
・ソーセージではなく出てきたのは肉の塊。
・どうやら、「チョリソー」ではなかったもよう。
・うむ。英語難しい・・・
・もぎゅもぎゅとした食感のお肉でした。
・おなかも満腹になったので、さてこの後どこへいったんだったかな。
・順不同で。
・ルーベンスの家(美術館)へ行きルーベンスの絵や調度品などを見学。
・アントワープで有名なワッフルやさんへ。
・ここはかなり広いのだけれど、常に満席(><並んで待つのではなく、空いたら自分で座るというお店なので、ぼけっと突っ立っているといつまでも座れない。なので、そろそろ出そうな人達をマークして背後に立つぐらいが必要(笑)ここは中国か台湾か!?と突っ込みをいれたくなった。
・さほど待つことなく着席。
・珈琲とワッフルをオーダー。
・ワッフルは迷ったけれどチェリーとホイップ乗せ。チェリーが甘酸っぱくてうまし。
・しかしここの店もまたすんなりとワッフルが出てこなかった・・・当初、周りを見渡しても誰もワッフルが運ばれてこないので、ワッフルは時間がかかるんだねぇ・・・と思ったのだけれど、ただ単に周りの誰もワッフルをオーダーしていなかっただけの模様(爆)
・一時間近くまたされたので肉で満腹だったおなかもこなれて、美味しくいただけました←終わりよければすべてよしってことで。
・そうそう、この後にルーベンスの家を見て、んじゃそろそろ駅へ戻るかってことに。
・ここでまた夕飯まで別行動。IヌダさんとYマダさんはダイヤモンドを見て帰りたいからということで、ダイアモンド街へ。アントワープはダイアでも有名。
・私とHなみさんはブリュッセルで重いもん買いたいから先に戻ってるわーってことで別行動・・・とる前に移動中見つけたオイル屋さんで私のテンションがあがる(笑)
・Hなみさんが見つけてくれたのだ。ちょうど少し前に日本でオイルなんかの量り売りの店があってねぇ~とか言ってたら「ああいう店?」と。まさにそのとおり!ああいうタイプの店!ってことでふらふらと立ち寄る。
・うわーいろいろ買いたい。買いたいが重い←それ故に買わない。
・何品か味見をして日本であまり見かけないオレンジ/バルサミコ酢をお買い上げ。しまったレモンも買えば良かった(><と帰国して思う。
・ネットで検索してもヒットしないメーカーだった(国内の取り扱いでは)ノーマルではヒットしたけれどかなり高かった・・・がびひょん。
・でも、オレンジのバルサミコ酢うまい。サラダのドレッシングでもいいけれど、ちょっと煮詰めてお肉のソースにしてもきっと上手い。鴨なんかにも合いそう~
・ほくほく顔で駅に到着する寸前ぱらぱら降ってきたけれど、タイミングよく駅に到着。
・電車の乗り場を確認して、電車にのって発車を待つ・・・発車直前車内放送がかかる。もののフランス語とオランダ語のアナウンス意味わからん。
・しかし車内が急に慌ただしい雰囲気
・「?」と思っていると前の席に座っていた日本人が騒ぎ出す。
・どうやらホームが変わった模様。
・んじゃ私らどこ行きに乗っているんだ!?とりあえず降りよう!ってことで慌てて降りると、同じく降り立った人達が一斉に走り出す。なんかわからんがついて行こう!←ブリュッセル方面発車まで1分前。
・とりあえず駆け込んだ先の電車に乗る前駅員さんに「これ、ブリュッセル行く?」と聞いてみると行くってので乗り込む。よかった。セーフ。
・なんとか空いている席に座って、一息ついた頃雨。
・タイミング良かったねーとほなみさんと話していたその頃、アントワープ残留組は雹と雷に遭っていたもよう。
・YマダさんがぴるぴるしているーとIヌダさんのツイッターを見て、またぴるぴるYマダさん見逃した!と返信。
・風が強かったらしく傘がご臨終してしまった模様。お気の毒です。
・そんなアントワープ組より一足先にブリュッセルの中央駅へ到着。
・このときブリュッセル中央駅はとってもいい天気でした。雲もほとんどなくお月様がとてもきれい!←なのに歩いて10~15分ほど離れた北駅にいたYマダさんは雨に降られたらしい・・・
・箱入りチョコを買うためにレオニダスへ向かい、荷物になるからとこのときまとめて一瓶だけビールとグラスのセットを買う。
・友達用のビールもこのときに。
・さすがにずっしりと重くなった荷物を抱えていったんホテルへ。
・したらばYマダさんがすっかりルームウェアーに着替えた状態でベッドの上でくつろいでいた。
・あれ?これからご飯食べに行くよ?と声をかけるとすっかりと食傷をおこしていたYマダさんはギブアップ。
・煮物がたべたい~すしがくいたい~と連呼。とりあえず味噌汁でも飲んでおきーと、持ってきた味噌汁を放り投げて、んじゃ私らは飯食ってくるわーん。と、再び旅立つ。
・ベルギー最後の晩餐はもちろんムール貝!いったい滞在中どんだけくっとんじゃと言うぐらいに食べたけれど、食べても食べても飽きない!
・この夜は、ムール貝のバケツ2杯(ノーマルなセロリのとガーリックタイプ)オイスターと、トマトと小エビのサラダ、カルパッチョをチョイス。
・どれも美味しかった!もちろんビールと共に頂きました。
・ゆっくりと食事を堪能しておなかいっぱいになったら、最後の夜はクリスマスマーケット内に設置されている観覧車に乗車。
・アルコールは行っているから酔う~といいつつIヌダさんに連行されていく私。リバースしたら後の面倒よろしく。と頼んで乗り込む。
・外から見ていたほど揺れず、速度も思ったよりも速くなくて安定していたので問題なしでした。
・上から見る景色はまた美しかっ
・最後の夜いい思い出となりました!
・ちなみに何周か回るので小さくてもほどよい時間堪能できまする。
・観覧車も堪能しいいお時間。
・Iヌダさんはもう一日滞在するというので、これでお別れ。
・今度は日本で飲みましょう!と言ってお別れ。
・私とHなみさんは地下鉄で戻ります。
・地下鉄降りて何気なくホームをみていたら、普通な身なりの黒人夫婦が何気なく視界に入る。別に気になることはこのときなかったのだけれど、エスカレータから降りてきた身なりのよいスーツを着た黒人さんとアイコンタクトをとったように見えた。
・知り合いかな?と思って特に気にしなかったのだけれど、それなのに何も挨拶せずスルー。ただ単に目が合っただけだったのかな?と疑問に思っているとなんか身なりのよい方がこっちをなんとなく見ているような感じ。というか私と目がしばし合う。
・やば見過ぎた?と思いつつなんとなく落ち着かなかったので違う車両になるように移動。
・まぁ考えすぎかなぁと思いつつ、適度に混んだ電車に乗車。愛らしいおこちゃまが一生懸命手すりにつかまっておりました。
・電車の中では特に問題なし。まぁ気にしすぎかなぁ?でも、日本でもこういう違和感を覚えた時ってたいてい自分のカンが正しかったって思うことが多々あったので、こういうときはすんなりと信じることにしております。
・なんかいやな人とおもって避けたら別の女性を痴漢して捕まっていたとか、なんか不審な行動するなぁとおもったら万引き犯だったとか、変なバイクと思ってさけたらひったくり犯だったとか。スリだったとか。被害にはあってないけれど被害に遭った人を何度も目撃したことが過去に何度かあるのでねぇ。
・考えすぎかカンがあたってたのか、何事もなかったので判断はつかないけれど何事もなかったことが○ってことで。
・ホテルについたら荷造りです。
・余計な物は置いていき、テトリス開始。
・あまりかさばる物を買わなかったので、苦なくスーツケースに収まった荷物。重量的にはたぶん後4~5キロは良さそう。スーツケース買い換えて正解だ(笑)
・さぁ、明日は朝が早いってことで就寝。
・後は帰るだけ。
関連記事

category: 旅路録

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。