徒然なるままに、気が向くままに

日々徒然から、サイトの更新まで、笑える日常(でも、本人まじめ)を目指すぞー(笑)

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ベルギー珍道中2 誰かが言った最も綺麗な広場だぜい  

二日目はブリュッセルの中心地グラン・プラス周辺を観光しておりました。
ってなわけで、覚え書き第二弾でっす。


・ベルギー二日目。今日はブリュッセルの中心地の観光だぜいっ
・ってなわけで2013年最後の日!
・朝七時に起床。外は真っ暗暗なので超早起きした気分に。
・この日は朝ご飯を外でたべることにしたので、八時頃にホテルを出発。まだまだ薄暗い・・・つーか暗い。
・歩いている内に夜が明けてきます。2013年最後の日の出!ってことでぱしゃりとな。
・歩いている途中で夜が明け始め・・・9時過ぎてもまだ日が昇りきってない状態。
・Hなみさんにホテルからグランプラスまで歩いて案内して貰う。途中までは路を覚えようとしたけれど途中で無理だと放棄。どこも同じように見えてさっぱり判らん。日本だとここまで方向感覚見失わないんだけれど。
・まぁ、最悪ホテルの住所は判っているしタクシーもあれば駅まで来れば路は判るので問題あるめー
・朝一で最寄り駅に立ち寄って、時刻表の見方を教えて貰う。
・ガイドブックに時刻表の見方がのってないけれど、これ見方教えて貰わないと判らないよ・・・・と時刻表を見て思うなり。でも、ある意味見やすいかも知れない。
・表記はフランス語とオランダ語が併記されております。
・さて地下鉄の場所とか確認したらグラン・プラスを目指す・・・途中でスーパー発見!
・とりあえず営業時間の確認と何があるかを確認。そこでもやしのオイルを発見。帰国するまで悩むことに!←量が多いんだもん・・・
・テクテク歩く事何分ぐらいだったのかしらん。時計を持ってないので不明。たぶん20~30分ぐらい歩いたら到着。
・誰かが言った世界で最も美しい広場に到着!←ヴィクトール・ユゴー。どっかで名前を聞いた覚えがある程度(爆)
・朝日に照らされての光景はすばらしい!まだ早い時間帯なので人気が無く写真に余計な人が移り混まないのもまた良し!
・うつくしか~と言いながら写真を撮って、次に向かったのは小便小僧!
・これまた人気がない・・・ほうと思われる。しかし、何組かの観光客が写真を撮っておりました。もちろんその中の一人になっております。
・小便小僧に向かう途中でタンタンの壁画もぱちりとな。
・この頃には九時に。そろそろお店も開きだすでしょう。ってことで朝ご飯を食べれそうな店を探す。
・ファーストフード系的な店発見。[EXKI]この後至る所に系列店を発見。セルフ形式でパンやサラダ、ヨーグルトなんかをトレイに載せたらレジでお会計。その時に珈琲もオーダー
・今回の旅は朝以外では珈琲を飲まなかった。えっへん。
・一応お酒を飲む回数が増えると思ったので、珈琲は控えたのだ←一応珈琲もアレルゲンの一つ(笑)
・朝ご飯で空腹を満たしたら、ヨーロッパ最古のギャルリーへ。
・おお~荘厳な雰囲気だー
・あ、グラン・プラスへ向かう前に証券取引所の前も通過。なんつーかギリシャ神殿のようです。
・証券取引所周辺でクリスマス・マーケットの建物が!ひらき始めたら来ようね!と言ってグランプラスへ向かったのであった。
・いやちがう。その前に聖ニコラス教会に入ることが出来たので中に入って、ステンドグラスなど写真に納めさせていただきました。
・で、話は戻ってギャルリーへ
・まだまだお店は開いていない・・・じゃっかん開いてはいる物のまだ時間は早い模様。
・いくつか店先を冷やかしつつ、ここがぼったくり店も多いイロ・サクレ地区だよーという話も聞きつつ、ざくざくと写真を撮りながら闊歩する。
・なにせまだ店が・・・以下同文。
・そして今地図を見てようやく感覚がのーみその中でリンクする。
・そうかそうか、こういう風に歩いていたのか←歩いていたのは二週間も前だ(はやっ)
・たぶん、ギャルリーをみたらクリスマス・マーケットへ足を運んだと思われる。
・まだ閉まっている店や開店準備中の方が多かったので、とりあえずさくさく歩いてどんなんがあるのか見ながら通過。
・そこでフレンチフライとグリューワインをお買いあげ。
・フレンチフライは中ホクホクで外カリでうま。グリューワインは寒い中で飲むのが一番いいねぇ。
・堪能しているとIヌダさんからホテルに着いたメール。時間的にお昼で合流出来そうなので、昼を取る予定のお店で合流することに。
・んじゃ、ランチする店に向かいますか!
・ってなわけで、行ってみたかったお店「レ・シェオン」へGO!その途中で何件かお店を覗く。
・Yマださんクッションカバーに一目惚れ。貴婦人風な猫のカバーとどうみてもメタボでボタンが弾け飛んだ中年親父風な猫のカバーをお買い挙げ。
・そこのお店のオーナー(と思われる)は、日本語が堪能な方でした。
・ボンジュールと声を掛けて入って、こんにちはと綺麗な日本語が返ってくるとちょっと恥ずかしくなっちゃいます。
・Yマダさんレースのお店でもクッションカバーを欲しいと藻掻いていたけれど、どうやら最初にこの店を見ていたときからカバーに一目惚れしたらしい。
・満足のいく買い物できて良かったねーとほくほくなYマダさん。
・向こうの服屋やバックや等を冷やかしつつ進む。
・色使いが斬新というか日本とはまったく違うので見ていて面白い。
・ちょっと気になる服もあったけれど、今回は服は買わずじまい。
・一番一目惚れしていたのはアントワープで遠目にみたバーバリのライダージャケット風なコート。怖くて値段すら見れなかった・・・
・お昼ちかかったのでお店はもうほぼ開いていてかなりの賑わい。の中を突き進んでレ・シェオンへ。
・客引きが凄いときいていたけれど、開店準備中の店も多かったせいかあまり声がかからず。ただたんに私が聞いてなかっただけの可能性もある。
・「レ・シェオン」人気店だけあってかなりの賑わい。
・案内されたのはドアの直ぐ傍。これならIヌダさんも直ぐに気がつくだろう。
・少し遅れてIヌダさん到着。実は私初めましてーなのであった。
・んだば、乾杯。ってことでまずは一杯目に「レ・シェオン」の名が冠せられているビールをいただき、ムール貝一杯(でかいバケツのようななべにどどーんと)と、トマトと小エビのサラダを注文。
・後にも先にも一人一品頼まなくても変な顔されなかったのここだけだ。
・ムール貝うま。セロリがたっぷり利いていて美味しいっす。
・フレンチフライとパンも付いてくるので日本人的には十分な量。むしろ一人一バケツは無理。
・お腹いっぱいになったところで、午後の散策スタート。
・ここで王立美術館へ行きたいIヌダさんとYマダさんと別行動。んだば、夕飯のお店で~と言って別れる。
・さぁ、歩くぜ!
・ってなわけで、この後小便小僧のご衣装を見に王の家へ。
・グランプラスの中にあるのだー王様は住んだことないらしいけれど。
・案内を見て元旦は休みだったので今日来てラッキーと思いつつ、入場料払って中に入ります。
・博物館を兼ねているらしく、まぁこの辺りの歴史が書かれているのでしょう。しかし、日本人のわたくしにはさっぱりです。その辺はさくさくとすっとばし、たどりついたのは小便小僧のご衣装部屋。
・をを~各国から色々な衣装が送られていると言うだけあって。国際式豊かだ。
・日本からは桃太郎、鎧甲、後一着・・・なんだけ?あ、火消しだ。火消しの衣装が送られておりました。いっそ、平安スタイルでもいいんでねー?とおもったり。
・中にはこれきたら小便小僧どこよ?と言いかねないほどすっぽりと全身を覆うタイプの衣装もあったりしました。まぁ、簡単に言えば各国民族衣装ってことだな。しかし、桃太郎スタイルや鎧甲スタイルや火消しスタイルが日本の民族衣装と思われるのはちょっと・・・と思うのであった。紋付き袴でしょう!
・小便小僧を見たら喉が渇いたのでビアカフェへ。トイレ休憩も兼ねて。
・飲んでみたかったKWAKを頼む・・・出てきたビールのグラスが自分が想像していたものとちっがーう。
・こんな普通のグラスで飲みたかったんじゃないのっっっ!と一人喚く。
・きっとどこかでのめるよーとHなみさんに宥められる。
・ビールを飲んだらクリスマス・マーケットへ突入!
・午前中と違ってお店が全部開いているので一件一件覗いて見ることに。
・ブリュッセルのマーケットが一番見ていて楽しかったです。
・雑貨のお店やアクセサリーのお店。食べ物関係などよりどりみどり~
・見ているだけでも楽しい!何時間でも過ごせるわっっ
・歩きざま見付けたホットビールにもチャレンジしてみました。
・えーと・・・・ビールは普通に飲むのがいいです。はい。
・残念ながら半分ほど飲んでリタイア。口直しにホットワインを買ってそれを片手にマーケットを散策。
・素敵なイラストの描かれたハガキも発見。Hなみさんうはうはと買いあさる。
・スケート場などもあったりメリーゴーランドもブリキなオモチャ風な感じであったり見ているだけでも本当楽しい!
・適度に一周したら一度ホテルに戻って荷物を置いて、夕食の店に向かいましょう。ってことで、ホテルへ。
・その途中でスーパーに立ち寄って夜に飲むビールやワイン、チーズを購入。さらに私はお土産と称してウハウハと食材を買う。
・ご当地のレトルト品とかスープとかドレッシングとかそう言うの買うの大好きなのだ!
・ずっしりと重くなった荷物を持ってホテルへ。
・適当に荷物をばらしたらレストランへ向かいますか。
・ってことで、今度は地下鉄で向かう事に。
・地下鉄は二ユーロでした。
・ホテル最寄り駅から二駅ほどなどであっという間。場所によっては三駅目。
・証券取引所前に這い出てクリスマス・マーケットを冷やかしながらIヌダさんが予約を入れておいてくれたお店でディナーです。
・31日はレストランが開いているかどうか判らなかったので、予め予約をいれておいて下さったのです。感謝!
・シーフードの美味しいお店でした!
・でもあれ日本人の私らで完食出来る量だったので現地の人達足りるのか?とちみっと思ったり。
・前菜にサーモンのクリーム添え(のような感じ)、オイスター、ホタテと西洋ネギのソテークリームソース添え。ロブスターのマッシュポテト添え。デザートに私はクランベリーのケーキ。
・不思議とクランベリーのケーキとチョコレートのケーキが勝手に出てきて、対角線上になるように置かれる。
・運よく私はクランベリーソースのケーキ。チョコレートは食べれないので。でも、念の為Hなみさんにケーキを一口テイスティングしてもらって、チョコレートが中にも入ってないか確認して貰う。
・うっかりチョコレートを食べたら旅行所ではなくなってしまう。
・ケーキは残念ながら半分残してしまったけれど、食事はどれも美味しく完食!
・ベルギーマジ美味いっっっ
・食べた物どれも外さなかった・・・はぁ、また食べに行きたい・・・・
・そんなわけで、食事も終了。
・当初は新年をグラン・プラスで迎えようと行っていたのだけれど雨が降ってきていたので、諦めてホテルへ。
・Yマダさんを先にお風呂に入らせ、私、Hなみさんの順でお風呂タイム。
・その後、新年になったらワインで乾杯しようぜーと言ってた物の、Yマダさんまたもや沈没(笑)
・まぁ明日Yマダさんは私らより早いし(別行動)寝かせて置くか。ってことで、私とHなみさんで今年も一年よろしくーとワインを傾けて就寝。
・以外と夜更かしせずに毎晩しっかり寝ておりました。
・旅はやっぱり体調を整えておかないとね!
・ちなみに毎晩、休息シートを貼りまくってました。足だけじゃなく肩や腰にも(笑)
・トクホン忘れたのは痛かった(><
・でも休息シートも代用品になる!
・一日中歩いているってのもあるけれど、思いの外自分の体力が落ちていることを実感。
・去年と同じ事をしていたんじゃもう体力維持はできないのね・・・・・としみじみと思ったのであった。
・まぁ、とりあえずこの日も何事もなく無事に過ごせました!





関連記事

category: 旅路録

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。