徒然なるままに、気が向くままに

日々徒然から、サイトの更新まで、笑える日常(でも、本人まじめ)を目指すぞー(笑)

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

冬コミ受かりました!  

無事にスペースいただけました

12月30日 西館 お‐25a 砂上の楼閣

になります。
今のところ発行予定は「永遠の傍ら」
こちらをリメイクして発行予定です。
書き下ろしは間に合えば薄めの調査物をと思ってます。

既刊は「雪月下の孤悲 前・後」
前編は部数が僅かになってます。

とりあえず今日は舞浜でパンプキンエールっす
スポンサーサイト

category: iPhone

tb: --   cm: 0

ちょっとびびった・・・  

11月のカード引き落とし分の金額を見て・・・
なんでこんな金額!?と愕然としたら・・・ああそうか、タイミングが全て重なっている・・・・( ̄□ ̄;)
どうりで10月の引き落とし金額が少ないなぁ・・・と思っていたのよね・・・多いなら気になったけれど少なかったから、詳細見てなかったんだよなぁ。
立て替えている物も含まれているから予想よりでかくなってびびったわ。
立替を計算してなかったわー
9月のホテル代、今月じゃなくてそうか・・・11月に回ったか・・・いや、うん。別にこれ皆から既にもらっているから響くはず無いんだけどね。もらった金は年こさねいぜべいべーな感じデスことよ。

ポイント貯めるためにカードにしたとたん実感無くなっている。
パスモのチャージもまた景気いい。いや、パスモのチャージは手動でしていたころと変わらないけれど。
まぁ1/3は会社から支給されているんだけれど。交通費として。
残りの半分が昼代で後は交通費って所だろうなぁ。
交通費もあっちへふらふらこっちへふらふらしているから、バカにならないしー


頑張って働こう。
残業も頑張ろう。ってかビバ残業!ウェルカム残業!でも原稿が出来なくなるのはイタイ。

まぁ、これからは原稿強化月間に入るはずなので、おでかけ回数も減るし。
少し自重せねば!!

category: 日々徒然

tb: --   cm: 0

迷子のコギちゃん  

ワンコブログの方に詳細記事を載せて居ますが、群馬県の太田市407国道でコギちゃんが保護されたようです。
一時預かりさんも見つかったようなので、殺処分の可能性は無くなりましたが、1日も早く本当の飼い主さんの所に戻れるといいなぁと心から思います。

ワンコ飼いとしては他人事ではないなぁと、この手の記事を読むとしみじみと思います。
ビビはまだ迷子になったり、脱走した事は無いけれど、先代犬は脱走したことあるからなぁ・・・
脱走に気がついて外に飛び出したら、悠々自適に散歩から帰ってくるお犬様と鉢合わせたのだけれど・・・・
先代犬のタロウは中型犬だったので、一匹で歩いていたら直ぐ保健所を呼ばれると思ったので、肝っ玉冷やした事を今でもよぉぉぉぉく覚えて居るのです。
車に関しては、散歩中も避けるし、信号待ちしてたので、不安は無かったんですけれど。

ビビはちょうビビリやで一匹で外に出れない(ってか、庭にすら家族の姿がないといられないのだけれど)いつ何があってパニック故に外に飛び出して、そのままどっかへ行ってしまうか判らないので、そうならないように気を付けねば!と思います。

やっぱり鑑札が大切だよねぇ・・・
でも、首輪を四六時中付けていると、首の毛がすれて禿げるんだよなぁ・・・(タロウがそうだった)
緩くすると直ぐにすっぽ抜けるし・・・
なにせ胴輪すら、万歳で抜けちゃうんだもんなぁ。緩くないのに・・・・足が短い上に関節が柔らかすぎて・・・・・・
やっぱりマイクロチップかなぁ。
でも、せっかくマイクロチップ埋め込んでも、保護先がそれを調べない事もあるって聞くし・・・ってなるとやっぱり命綱は鑑札と迷子札か。

category: 日々徒然

tb: --   cm: 0

夢を視た  

三年前の夏にタロウが死んでから初めてタロウの夢を視た。
なんでか隣の駐車場がまだ空き地のままで、そこを徘徊しているタロウ。
ついでになぜか鹿がいた。
夢の中で私はなぜかリフォームする前の家の居間から三年ぶりにタロウを見て、狂喜乱舞して隣の駐車場にタロウを迎えに行く。
「生きてたんだねぇぇぇぇぇ!!!」
と、咽び泣きながらタロウの元に行くのだけれど。
頭の片隅で「っていうか、三年前に看取って荼毘に付して、庭に埋葬したはずなんだけどなぁ」とか思ったりしつつ。
タロウを抱える私。
で、なぜか鹿に襲われる・・・・・・
鹿が角で突いてくる。
串刺しにされるぅぅぅと怯えながらタロウを抱えて家にダッシュして戻ろうとする私。
タロウ、体重が17キロあるので抱えてはまともに走れるはず無いんだけれど。
なぜか抱えてせせっせと走れました。
で、家に帰ったらおかんに「どうするの?うちにはもうビビがいるのよ」とか言われたけれど、私は「もーまんたい! タロウは昔と同じで玄関!こいつは玄関じゃないと落ち着かないしね!」と言った所で目が覚めたのだけれど。

起きてからは哀しいと言うより、やっとタロウの夢が見れたので幸せでした。

何となくやっとタロウが還ってきた気がするのです。
まぁ、タロウが生きていたら今年で21なのでありえんですけれど。
ってか、夢の中でのタロウの歩き方は犬という動物の解剖学を無視した歩き方をしてましたけれどね。
なぜか、左前足と右後ろ足だけでひょこひょこ歩いて、右前足と左後ろ足はそれぞれ外側に90度開いていた・・・まぁなんというか、飛行機の翼の如く・・・・ありえません。犬の解剖学的に足がそんな方向に開く事はまずありえないっっっ
というか、そんな状態で歩けるわけがそもそもなく・・・まぁさすが夢。

でも夢の中でも色々矛盾を感じてました。
三年ぶりなのに、んじゃ三年前になんでタロウは居なくなったのか?あれ?捨てる?え?そんな老犬遺棄なんて出来るわけないじゃん!ってかあの状態のタロウが野良になって生き抜ける分けないし。でもあれはタロウだしなぁ。っていうか、なんか三年経っている割には若くない?歩けなくなってたのになぁ。いやそもそも看取って火葬場でも大泣きしたはずなんだけれど、とかとか色々と夢の中でも突っ込みを入れるという夢で、さらにそんな夢に目が覚めた瞬間色々と突っ込みを入れたのでした。

久しぶりに見た夢をクリアーに覚えて居たなぁ。
たいてい目が覚めたら直ぐに忘れるんだけれど。

category: 日々徒然

tb: --   cm: 0

薄桜鬼更新しました  

久しぶりに書き下ろし・・・というか、実際に書いているのは一年以上前のことなのだけれど(笑)
それも小話というよりもただのモノローグなのだけれど←そもそも阿香の序章に使っていた。
土方×千鶴前提で千鶴のモノローグをUPいたしました。
Web拍手でも良いかなぁとか思ったのだけれど。
タイトルが思い浮かばず、お題からチョイスしたのでTextにUPしました。

阿香~で没ったシーンを引っ張り出してきたその1です(笑)
池田屋も没にしたまま沈没中なので、一年以内には引っ張り出してきたいと思ってますです。

category: 更新履歴

tb: --   cm: 0

エリザベート  

今公演の中では今日がラストで2回目観てきました!
今回の公演はひたすら石丸@トートと朝見@エリザベートです。
石丸さん四季時代から好きでした。
トートをやると聞いたら何が何でも観たかった~~
今までトートは山口さんと武田君で2年前に観たけれど、私の中では石丸さんが一番いいです(笑)
山口さんも好きだし、武田君も妖艶で良かったけれど。

今日はおニューの眼鏡で観たので、比較的舞台はクリアーに見えたけれど何せ二階席だったので、今回は久しぶりに(そして忘れず)オペラグラスを持ってったので、表情もよく見えたわ。

ああ、やっぱり眼鏡の慎重はもう一ヶ月早くしておけば良かったかなぁ。
そうすれば薄桜鬼もあの席ならクリアーに綺麗に見えたんだろうなぁ。
眼鏡掛けた視力0.8でも輪郭がくっきり見えるし。
どうやら、乱視も進んでた模様・・・うぉう。近眼で乱視で白内障だなんて最悪だ・・・・
まぁ、とりあえずその辺は放置しておくとして。

エリザベート。
こういう話好きです。
オペラ座の怪人も好きだし。
蛮幽鬼もまた観に行きたいぐらいはまりました。
シリアスな舞台大好きです。
コメディーは逆にほとんどというか皆無と言って良いぐらいに観ないけれど。

エリザベート見るたびに思うんです。
これ、ひたすらエリザベートもフランツも自分の視点に立って見てくれ~と言い合うんですけれど、双方共に自分が相手の立場に立とうとは一度も考えない(笑)
いや、そこで一度でも相手の立場に立って見る事が出来たら、超ラブラブ夫婦になるんじゃね?とか思ってしまったりするんですよ(笑)
フランツはエリザベートにベタ惚れだし。
まぁ、そのスレ違いがなかったら話は成立しないつーか、きっとハプスブルグ家はまた別の歴史をたどったんだろうけれど。
歴史物を見るといつも思うのです。
例えば、ここで意地を張らなかったら?例えばそこで双方が共に歩み寄ったら?そこでその一言が無ければ?
【IF】を言っても詮無き事だけれど。

薄桜鬼・・・をやる前に、厚姫を見ていたときに、例えば14代将軍が早世しなかったら?とか、なんとか天皇(名前忘れた和宮の兄)が死ななかったら??とか思ってしまったりするのだけれど。
きっと戊辰戦争は無かったか・・・・また別の形で戦争になったりしたのかしらねぇ。

ををう、エリザベートから幕末に話が飛んでしまった。飛んだのはあれだ。
エリザベートの時代と幕末の時代が被るからだ(笑)
いや、ただたんに録画したやつ見ながら打ってたからだけれど(笑)
でも年代的には慶応四年はエリザベートが三女を産んだ年らしいので、被るといえば被る。ミュージカルの中では三女の存在は欠片もでてこないけれど。

まぁ話が大きくそれてしまった。いつもの事言えばいつもの事だけれど。
とりあえず今公演のエリザベートは今日で見納めでした!
また、次の公演を心待ちにしたいです。
再来年ぐらいにまたやってくれないかなー。石丸さんもその時にはまた是非出て欲しい。
今年はあと一作。来月に大沢たかおさんが主演される「オペラ座の怪人」を観に行く予定。
それで今年の舞台観劇は終了。

来年はとりあえずGACKTの舞台眠狂四郎無頼控を三回。
一応チケットは取っているけれど、銀英伝も一公演観に行く予定。これは、場合に寄ったら流すかもしれないけれど。さてどうなるかなー

平日観に行けなくなったので、前より見に行く回数がぐっと減った・・・
平日はかけだもんなぁ。
定時で帰れるときは帰れるけれど、帰れないときは本当に帰れなくなるし・・・コレばかりは当日の夕方にならないと読めないので、怖くてキャンセル出来ない予定は平日入れられない・・・・
まぁ休み取って観に行くという手段もあるから、今度はそうしよう。
平日の昼公演なら良席取れる確率あがるし。
有給は余ってるし・・・このまま行くと来年は捨てなきゃ行けない有給が出るなぁ。

category: 日々徒然

tb: --   cm: 0

薄桜鬼更新しました  

うわーお正月に更新して以来だった(笑)
月日が流れるの早すぎ・・・いやーびっくりびっくり
その間Web拍手だって一回かそこらしか更新してないような・・・(いかんいかん。地雷を自ら踏むだけだ)

更新。と言っても再UPなんですけれど。

去年・・・というか今年の5月まではサイトがあったんですが、去年関わった土方千鶴のアンソロ華艶の宴告知サイトに載せた小話を再掲載いたしました。
当時タイトルつけてなかったのかな?
なんでかPC上に保存されているファイル名は「つるりーぬ」だった。
なぜつるりーぬだったのだろうか??あえて言うならつるりーぬではなくてまな板じゃ?と思うのだけれど。
何がまな板なのかは読んで頂ければご理解頂けると思います(笑)

ってなわけで前置きが長くなってしまいましたが、
Textの薄桜鬼に「成長途中?」UPしました。
一応土方×千鶴前提のオールキャラです。

沖田さんの方が出しゃばっている気がしますけどね(笑)

それにしてもフォルダーには書きかけで放置しているものばかりが目につくなぁ・・・

category: 同人関連

tb: --   cm: 0

ゲキシネ蛮幽鬼  

良かったです。
もう色々と!!
ストーリーはなんだかもう本当に切なくなると言うか、ハッピーエンドで終わりって感じのストーリーではないのだけれど、だからこそぐっと来るものがっっっっ

上川さんは今までに見たことはあるけれど、今回堺さんの舞台というのを初めてみましたが、いいわ。あの笑顔で人を殺しまくるって所が(笑)
思わずさぁ、これから殺されますよ。って人が「殺される気しないから、もうちょっと厳しい顔してくれないかな?」とお願いしちゃうほどの、笑顔(笑)
どこか胡散臭い・・・初めは人が良さそうな笑みがだんだん、狂気じみた笑みになってゆくのが怖い!!
それにしても、初殺陣と聞いたけれど、そんな風には全然見えなかった~
もちろん、周りの人達や演出が超絶的な暗殺者の動きに見えるように合わせているというのもあるんだろうけれど。また是非とも殺陣を観たいです。

そして、今回も目を奪われたのは早乙女君の殺陣!
それから舞。
いや、もう本当に女性にしか見えない・・・・(笑)
艶やかなあの舞は生で見たかったなぁ・・・と思うんだけれど、生で見たら視界がボケボケだから、私にはゲキシネが合っていて良いのかもしれない・・・

いや、そろそろ本気で眼鏡を買い換えよう。
矯正がどこまで出来るか判らんが・・・・

タイミングが合ったらどこかでもう一回ぐらい観に行ってきたいです。

category: 日々徒然

tb: --   cm: 0

永遠の傍ら・・・  

A5を新書に一冊にまとめると、まったくの手つかずでも本文だけで333ページになってしまいましたよ。
さて、どの程度手を加えていくことになるか。
一冊に出来るのは400ページまでなので、それをオーバーしたら問答無用で二冊組になるわけなのですが、その猶予は等諸々考慮したら60ページあるかないか。
60ページ分手が加わるかどうかは、神のみぞ知るって感じだけれど。
二冊分冊が濃厚になりつつあり、でも一冊でまとめたい気もする。
だって、二冊分冊に新刊を出したら部屋が段ボールで埋まってしまう・・・( ̄□ ̄;)
二冊分冊になった場合は、箱入りで数を同数にそろえたい物です。
ばらばらだと前編と後編で数が合わなくなるんだよね・・・
雪月下~も後編の方が多くてちょっぴし困りものになってるし。

category: 日々徒然

tb: --   cm: 0

薄桜鬼舞台 後編(笑)  

うっかりしていて薄桜鬼アニメ一話目予約するの忘れておりました。
そうか、二期は月曜の夜なのか。
友達からメールで一話目は総集編っぽいような話を聞いたので、来週からでいいかーと思いますが。
とりあえずオープニングだけは、吉岡さんのサイトで視聴。
超カッコイイんですが!(笑)
一期のオープニングより二期の方が好きです(笑)
このCDもいずれ買いましょう。アルバムまで待つかシングルを買うか迷うところですが。

さて、そんなことよりも舞台のお話。
もうあっという間に四日も経過しているので記憶がぼややんな感じですが。
とりあえず思いつくままに順不同で箇条書きしていきます!(笑)
-- 続きを読む --

category: 日々徒然

tb: --   cm: 0

一つ気になる点。  

ゴーストがリライトで再版されるのは嬉しい。
持ってるのがもうボロボロなのでかなり嬉しい。
大幅に改稿されてるらしいので読み比べが楽しみ。

ただ一つ気なるのが、悪夢の棲む家は存在してない扱いになるんでせうか
確かに、アレを再版したら続きを~ってなノリになってしまうのだが、悪霊シリーズだけで終わった場合、同人を書くときのジーンの扱いをどないすれば良いのでしょうかね…
コミック&リライト版だけの人にはなぜ、二次だと調査中にジーンがひょっこりかつてのようにアドバイスに現れるの?って思うんじゃなかろうか……

えーと、とりあえず。私は悪夢の棲む家を持ってるので時間軸に取り入れ続けさせて頂きます。
はい。

だって、ジーン使えなくなったらきっと困るもの…←困ったときの頼みの綱は安原少年の探偵報告と、サイコメトリーとジーンなり(笑)

とりあえず単行本を楽しみにしてるので、ダ・ヴィンチは買いません(笑)
一気にまとめて読みたいのだ。←漫画もコミック派

来月の発売日を指折りに楽しみに待とう
良かった。発売日が12月じゃなくて←〆切と被りかねない。
〆切直前に発売されてたら究極のイヂメだと叫んでたに違いない(笑)

とりあえず、薄桜鬼舞台の後半を書いて、冬の原稿に取りかかろう。
「永遠の傍ら」を再版(ってかリライトになるか?)準備にとりかかります。
これはA5で前・後でだしたものですが新書に変えます。
さて、新書だと何ページになるかな~
カバーか二冊に別れたら箱に入れようかなと考えとります。

で、後編しか通販をしてないんだっけ?(笑)
私はいったいどの本から通販を始めたんでしょうか…記憶に残ってるのだと2005年…4年かなぁ?いや、やっぱり5年?

category: iPhone

tb: --   cm: 0

薄桜鬼舞台楽しかったです!  

観てきました。
まったく期待してなかったんだけれど、楽しかった!!
というか、あれはあれで有りなストーリー展開だと思いました。

原作を何が何でも重視!!という目で観なければ(笑)という注釈がつきますけれど(笑)

ってなわけでレビューというか、観劇のあらすじを交えての突っ込みに参ります(笑)

ネタバレOKな方のみ続きをご覧下さいまし~
-- 続きを読む --

category: 日々徒然

tb: --   cm: 0

確かに  

話の展開は舞台向けにカスタマイズされてるけど、これはこれで面白い

というか、ゲームを知らなくても話は判る作りじゃないかなと思いました

とりあえず前半終了。15分の休憩の後に後半戦。

早乙女@土方カッコイイ(笑)
ってか全体的にイメージが狂わない配役になってると私は思いましたが。
そうか、舞台の原田さんには許嫁がいる設定なんですね。

殺陣が随所にあるのでそれだけでも楽しめるっす

ただ…千鶴だけが…台詞に重みがない…そこだけが残念

さて後半はどんな作りになるのか。
楽しみ楽しみ

category: iPhone

tb: --   cm: 0

薄桜鬼の舞台  

観に来てまふ。
どんな内容なのか。
友達から聞いた話によると、原作とは違うストーリーらしい。
脚本家がツイッターでんなことを呟いていたとか?あれ?演出家?監督?まぁその辺。
はたしてどんぐらい違うのかそれを楽しみにするのも一興(笑)
舞台は舞台。別物と思って観ようと思います。

だいたいあの話を二時間程度の舞台でやるのは無理があるし

さてさて、間もなく開園~

category: iPhone

tb: --   cm: 0

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。