徒然なるままに、気が向くままに

日々徒然から、サイトの更新まで、笑える日常(でも、本人まじめ)を目指すぞー(笑)

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

萌えバトンが、回ってきました!  

1.萌え属性を正直に告白せよ(妹属性とかメガネ属性とか)

属性...?
うーん。美形。美形ったらびーけーいー(あたしゃー言われんでも面食い)
って、これは属性じゃない?
んー?でも美形しか思いつかんぞ。あたしゃ。
綺麗系............ストレートにこれしか思い浮かびません。
過去にはまったキャラを思い起こすと...他、ありませんです(爆)
非常にわたくし、好みが偏っているあげく狭いので...エヘヘヘヘ

2.萌え衣装を答えよ(メイド服とか背広とか)

軍服(でも日本のはパスね 陸軍系より空軍or海軍系の方がかっこいいなーとか ああ、銀英の帝国側の軍服とか~♪)
着物(十二単とか、白袴とか、巫女装束、死に装束とか 笑)
チャイナ服(ドレス、男物両方~)
タキシード
キャミに下着とか?(笑)
ああ、素肌にバスローブ!背の高くほどよく引き締まった美形が着ると最高に絵になります。出来れば、髪は水分を含んでおり毛先からぽたぽたと滴が垂れ、肌は仄かに赤く色づき...文章になっちゃいそうなので、ここでストップ(笑)


3.萌え小道具を答えよ(包帯とか首輪とか眼帯とか銃とか)

・サーベル(軍服につきものでしょう)
・銃(コルトパイソン357とか? 笑)
・メス(何故...でも、私メスで魚捌いたことあったけれど、切れて包丁より使いやすかったよ。小さくて軽くて良く切れて。ちなみにアジでした)
って、何で物騒な物ばかり何だろう。
うーん。
忘れてた、美形に必需品といえばサングラスv 白い肌に映える黒いサングラス。高い鼻梁を強調するサングラス~やっぱり、必需品♪

・タバコ。軽く伏せられた眼、唇に軽く銜えられたタバコから燻る補足たなびく紫煙。うーん。美形なら絵になるね♪
 銘柄は出来れば、軽いのを個人的にプリーズ(笑)セッターとかマジできついっす。喫煙する私でもアレは勘弁。
 個人的にはパーラメントか、ダンヒルか、マルボロあたりで(笑)出来ればメンソール

4.萌え仕草を答えよ(受でも攻めでもどっちでもいい。ときめく仕草)

仕草...?仕草...............しーぐーさー
うたた寝(これって仕草?)
メガネをはずす時に軽く伏せられた目(だから、仕草になるのか?)
顎に指をひっかっけて、上を向かせるシュチュエーションとか
敵同士と知らず出会い、惹かれたものの、戦場でばったり再会してしてしまった瞬間とか?って、だーかーらーこれは仕草になるのか?
上繋がりで、剣と剣を打ち合い、互いに至近距離で切なげに見るめあうシュチュエーションとか。だーかーらー以下同文
主に忠誠を誓う騎士(己の心を抑えて~♪)

5.萌え場所を答えよ(海とか山とかその二人がここにいると最高にいいって場所)

戦場:敵と味方に分かれて悲劇的な再会
図書館(図書室)の人が来ないようなマイナーな本棚
露天風呂:混浴だと知らずにばったりvなーんてね
アンダー・ザ・ローズ:むせるようなバラの匂いに囲まれて(たぶん、私は鼻炎か喘息か結膜炎か、アトピーを起こして、せっかくのムードを壊すと思うけれど~)

6.バトンを渡す5人

いませんがな(笑)
やってみたい人います?いたら、逆指名をくださいな(笑)

スポンサーサイト

category: 日々徒然

tb: 0   cm: 0

ミュージック・バトン? ミュージカル・バトン?  

まぁ、どっていでもいいか。
どうやら、同じみたいだし。
それになんだか、この「○○バトン」って色々在るみたいだね。
ノベル・バトンとかブック・バトンとかちょっと検索書けてみたらいっぱい引っかかった(笑)

んでは、とりあえず「ミュージック・バトン」でRINKOさんから回ってきたので答えて見ましょう♪

原稿?まぁ、進む時は進むし進まない時は進まない。
というわけなのさ(笑)
ボチボチ頑張っております。たぶん?ん?


ミュージック・バトン

☆コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
 
 ゼロ。だす
 PCには音楽ファイルは入れてないなぁ。今はCDにも焼くことなくMDに録音しちゃっているし。CDに焼いたとしても焼き終えるとファイルは消しちゃうので、パソコンそのものには入れてないかな。
 何より一つの作業をしている時に複数のウィンドウを起動させるという事が私は嫌いなのだ(笑)原稿打っている時は一太郎のみで十分。せいぜい、何か調べる時にIEを起動・・・って話が変わってきているね(笑)

☆今聞いている曲

 なし。
 原稿書いているときも聞かないけれど。
 というより、基本的に音楽どころか音のない生活してます。常に無音。
 部屋にテレビもないしね。もっぱら聞くのは通勤時や移動時MDウォークマンで。それ以外は買った時に聞くぐらい。だからほとんど聞かないというのが現状(笑)
 基本的に音楽にしろテレビにしろ聞く気がないと、ノイズにしか感じないんだよねぇ。
 サントラでもダメ。気が散る。というより音が煩く感じて耳障りになってしまうので。
 まぁ、ネットサーフィンするときとか、ぼへーっとダラダラとPCいじっているときは気にならないんだけど。部屋の掃除しているときとかもOK。
 聞くとしたら、これしかありません!「GACKT」
 いや、一応他にも持っているけどね(笑)でも、毎回買っているのはGACKT
 んでもって、適当に録音したMDを流してます。

最後に買ったCD

 GACKTのニューシングル「メタモルフォーゼ」
 ガンダムのオープニング?テーマソング。

 買ってないから最後に買ったとは言えないけれど、手元にある一番新しい音源は友達にMDに録音して貰った「ラファエル」のアルバム。
 もう数年前に解散してしまったバンドなのだけれど、この前もとヴォーカルが出てるライブに連れて行って貰ったとき、声に惚れた(笑)
 CD持っているとの事なので録音を頼んだのでした。


よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

 良く聞く・・・・・・・・・・・・・ん~

・オペラ座の怪人
 映画版とミュージカル版両方のアルバム持っております。
 映画版の方が最近かけているかな。英語だと何言っているのか判らないから、かるーく流せるし。
 あのテーマソングが好きなんだよねぇ~携帯のCメールの着メロがそうだったりします~(笑)

・MARIA(GACKT)
 良く聞くというよりも、「残夏の森」を書くきっかけとなった曲でした(笑)
 この、曲を聴いたときイメージがね不意に沸いたのですよ。

・君が待っているから(GACKT)
 初めて聞いたのは上限の月のライブのアンコールで。
 その時はまだCD化されてなくてね、何!?ライブだけの曲なの!?と思ったのが今は懐かしい(笑)
 友達にもこの曲が一番好きだ~~~!!とライブが終わった後に言ったぐらいだったしね(笑)初めて聞いた時なんだか、藻掻いちゃいました(笑)

・月下の夜想曲(マリス・ミゼル)
 Gacktがソロ活動する前にヴォーカルを務めていたバンドの曲。
 この曲をバイト中に有線で聞いた瞬間
「誰!? 誰が唄っているの!?
 この絵に描いたような理想的な美声!!(私の中でクリーンヒット/笑)」
 そして、何かのテレビに出ているのを見て
「想像上の美形がテレビに映っている・・・・」
 とまじめに思った瞬間でありました。
 いやぁ、それまでにこう頭の中で描く「美形」があったとしても、的中することなんて在るわけ内じゃないですか!(性格は別問題として)
 それが、もう容姿良し!声よし!歌よし!スタイルよし!
 いやもう、よしよしづくし(笑)
 今でもGacktは私のイメージを体現したような美形です(笑)このまま是非とも美形街道を突っ走って頂きたいと思っていたり!!
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ミュージック・バトンというよりなにやら美形・バトン。になりつつ・・・(ゴホンゴホン)

・大地の物語?(TMN)
 だったような気がするタイトル。
 初めて私がエレクトーンで弾いたミュージシャンの曲。それまでは、普通にエレクトーンの課題曲をやっていたかんだなー・・・・って、だから聴く曲じゃないね。答えて言える理由が(笑)
 いやでも、好きで良く聞いていたのだよ!!(笑)
 歌詞は忘れたけれど、メロディーは今でも口ずさめますわ(笑)

「その指に触れさせて この距離を壊したいから~♪」

 だったかなぁ~~~?  

ってこの辺で五曲ね。
うん、後はバクチクとか昔好きでした。Xも聞いたなぁ~
今、毎回買っているのがGacktぐらいなんだけどね。
来月またニューシングルが出るらしい。それも見ることは叶わないんだけれど昼ドラの主題歌!!
来、気になる~~~~~
「届カナイ愛ト知ッテイタノニ抑エキレズ愛シ続ケタ・・・・」
Gacktにしては珍しく長いタイトル。
今すぐに聞きたいぐらいです!!
んだってねぇ、昼ドラの主題歌なら是非ともバックミュージックにしたいぐらいだ(笑)それ系の話狙っているし。
って、そろそろ原稿にもどりますかねー。

えっと、最後これを回す人?
ん~~~コミックに引き続きお回せる人がいないんだけど・・・
ぽふ。いた。ここ見ているかどうかは不明なところだけど、まだ回ってきてなかったら綺羅ちゃんとおさかなちゃんに回そう。
そうしよーってことで、見ていたら二人ともぜひv

category: 日々徒然

tb: 0   cm: 0

トマト/日記SS  

仕事がなんだか微妙な時間を残して終わったのでした。
なので、その開いた時間に日記用SSを書いてみる。
なんだか、今月更新している暇がないのでね(笑)
で、日記はこうお題っぽくやってみようかと!!(笑)

今日のお題「トマト」(笑)
引用サイト無し。
こんなお題は?と言うようなのがあったら、天華まで是非!
日記用SSにしたいので、ブログのコメントとかにちょろんとお題を置いていってみてくださいませ。
微妙に開いた時間に書いているかもしれません・・・サイトの更新より怪しいけれどね←意味無し?


と、言うわけで第一回目はトマトと決めました!!(笑)



日記SS
「とまと」

 いつも表情豊かな君。
 顔という小さなキャンパスにあらゆる感情を浮かべている君を見るのは結構僕は好きだったりする。
 特に、大きな鳶色の瞳を子供のようにきらめかせて、楽しそうに笑う君の顔が一番好きかもしれない。
 僕だけじゃなく、きっと他にも沢山の人が君の笑った顔が好きだという人がいるだろう。
 だけど、その日僕は今まで見たことのない表情を君の上に見つけた。
 偶然、街中でみかけた君の姿を何気なく視線で追っていて気がついたこと。
 君の隣に立つ人を見るときだけ、君の顔は今までなく鮮やかに笑顔を浮かべるんだ。
 とても・・・そう、とても嬉しそうに、幸せそうに、微笑みがこぼれ落ちるかのように。
 ああ・・・彼のことがとても好きなんだな。と思わずにはいられないほど君の笑顔はより深みを増したんだ。
 だけれど、ふいに怒ったように頬を大きく膨らませ唇をとがらせる。眉がつり上がり隣に立つ彼に対して何かを叫んでいるようだ。
 車道を隔て切れることなく車が通り抜けていくここでは、その声までは聞こえないが、君の顔は真っ赤になり、ムキになっている様子がはっきりと判った。
 彼は初め無視をしていた様子だったけれど、辟易したのか大きくため息をついた感じだ。君はそのため息に顔を一瞬歪ませたが、不意にその大きな目がさらに大きく見開かれる。
 彼女だけじゃない。
 周囲の人も。
 きっと、僕もだ。
 今まで彼女のことなどいないように淡々とした様子しか見えなかった彼が、不意に身をかがめたかと思うと、触れるように彼女の唇にキスをして離れたのが見えたのだ。

 一瞬、天使がこの道玄坂を通ったような気がした。

 実際には雑音に満ちあふれており、沈黙なんか存在しない。
 でも、僕の感覚では沈黙に包まれたような気がしたのだ。
 彼女は音が聞こえてきそうな勢いで真っ赤になってゆく。
 首から耳まで真っ赤っかだ。
 まるでよく熟れたトマトのように。

「なに、笑っているんだ?」

 一緒に歩いていた友人が気味悪そうに僕に話かけてきた。

「いや、特にないんだけどね、ほほえましいなと思ってさ」

 失笑しながら呟くと、友人はますます胡散臭げに僕を見下ろす。

「お前、頭とうとうオーバーヒートでも起こしたか?」
「失礼だな。そんなことはないよ。それよりもどこにあるんだい? 言っていた店は」

 彼女は何事もなく歩き出した彼の後を追うように歩き出した・・・いや、小走りで近づいて背後から飛びつく。
 一瞬迷惑そうに眉を潜めたのが見えたが、少女がそのまま腕に抱きつくと少女の歩調に合わせて歩く速度が遅くなったのが判った。

 そして、少女の笑みがより深くなる。
 できればその微笑みは僕に向けて貰いたいなとも思ったが、仕方ないと思えた。


 あんなこと、僕には出来ない。





☆☆☆ 天華の戯言 ☆☆☆
 あえて、固有名詞は出さず。
 「僕」「彼女」「彼」に誰を当てはめるかは、皆さんのご自由ってことでv

category: 小話

tb: 0   cm: 0

コミック・バトン  

なるものが、RINKOさんから回ってきました。
頭が煮詰まってきたのでリフレッシュターイム。っていつものことか?(笑)

1.あなたのコミック所蔵数は?

 二年ほど前にリフォームした時、1000冊以上捨てたたから今はけっこうすっかすか。たぶん200~300ぐらいの間かと。もう少し在るかなー。その辺に適当に積み立てたり本棚にどかどか置いているので正確な数は不明。
 でも、捨てたから漫画より小説の方が今は多いかも。
 以前ほど漫画買わなくなったしー。

2.今読んでるコミック
 とりあえず目に付く限りの範囲・・・というより、手元に残っている本のほとんどが現在進行形で買っている本かも(笑)

 BLEACH
 DeathNote
 AMAKUSA1637
 9番目のムサシ
 鋼の錬金術師
 創竜伝
 凉子の怪奇事件簿
 トリニティー・ブラッド
 ES
 ゴーストハント
 ツバサ
 月のしっぽ
 エンジェル・ハート

こんな所だろうか?
後はふらふら~と本屋に入ってふらふら~と買ってその辺で山を作っているので適当って事で(笑)


3.最後に買ったコミック

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?ぽふ。DeathNoteの最新刊だ。
この前久々にジャンプでちらりと見かけた時Lどうしたんだろう?
と思っていたんだけど、ようやくそのナゾが解明解明(笑)
そっか、殺されたか。(さっくりネタバレ)
そして、Lとは世襲制だったのか!(さらにネタバレ)イヤ違う、世襲とは違う・・・代々引き継がれる称号のようなものだったのか!?もしかしてLが引退するとワタリ・・・とかとか?
うーん。主人公が在る意味ヒールだなんて、結末どうなるんだろー
別の意味で楽しみだ(笑)

4.よく読むまたは 思い入れのあるコミック5冊

というと、すでに完結していて二年前に処分しなかった本かなぁ、やっぱり。

・ときめきトゥナイト
 実は初めて買った少女漫画(笑)初めて読んだ少年漫画はもらいもののナインだった(笑)
 王道といってしまったら王道てきなラブコメディー。シリアスとは言い難いかなーと。たぶん、私の世代の人達はほとんどの人が知って居るんじゃないかなーと思うのは、気のせいかしらん。って、私の世代がどの辺か知っている人なんて限られているけれど(笑)

・天よりも星よりも
 これも好きだったなー。
 赤石路代の話で初めて買った漫画でした。この人の絵や話が好きでそれから今も買っていたり。全部というわけじゃないけれど(精力的な方で現在進行形でいくつも連載を抱えている・・・すごい)
 今はAMAKUSA1637のみだけれどね。
 江戸時代以降はあまり興味はないんだけれど、AMAKUSA1637は好きーv
 今も手元にあるのは後は「P.A」かな。

・あさきゆめみし
 高三の時友達から借りて読んではまった(笑)
 元々光源氏に惚れたのは(光GENGIではあらず 笑)中二か中三の頃。
「ひかるげんじ」といえば「光GENGI」の世の中で私の頭の中では「光源氏」でした。それで話が当てはまらなかったことが・・・・「は!?平安時代!?」な反応をされたことも・・・
 紫の上が死んだ時は号泣ー光源氏のばかっぷりが哀れな話。
 うーん。Gacktにやってもらいたいかも(笑)って、いったいどんな光源氏になるんだ!?(笑)
 ビジュアル的には私の感覚で言うとOKなんだけれど(笑)

・アリーズ
 星座&ギリシャ神話が好きだった私がすっこーんとはまった話
 ハデス格好いい~~~と言ってた時はまだ若かった(笑)
 この話をきっかけにプリンセス系のコミックにはまり始めたなぁ。ここからの繋がりで、「遙か遠き国の物語」「悠なり愛し浪漫」とかに傾倒(笑)今も持ってます。

・タッチ
 もう処分してしまって実は手元にないんだけれど、好きでした(笑)
 今度実写やるんだねー。うーん。どうなんだろう?まぁ、あれは実写にしてもムリのない青春スポコン漫画だから普通な仕上がりになるのかな?
 あだち充といえば私の中ではタッチ。
 考えてみたらこの時から双子というシュチュエーションが好きだったかもしれない←読んだのは小学生の時(笑)
 双子というシュチュエーションは年を越えて萌えさせるのだ!(笑)
 背番号のないエースの主題歌「背番号のないエース」が好きで、エレクトーンをやっていた頃は良く引いてました。もう10年弾いてないけれど、楽器を目の前にしたら弾けるのかなー?って、ムリに決まっているよね。指がどう考えても動きませんがな。
 パソコンキーを叩いているから、指は潤滑に動いたとしても足がムリ。
 それとも一度覚えたことは練習したら思い出すのかなぁ。まぁ、昔のようにはなかなか弾けないだろうけれど。
 また、やってみたいなーとかふと思ったり。
 でも、エレクトーンはちょっとやってみようで買えるような金額じゃないんだよねぇ・・・100万はちょっとした趣味には費やせません(T▼T)って親にそれだけを費やせたんだなぁ・・・私ってば(遠い目)
 ・・・・・・・・・・あ、話がそれた。

 後は伯爵カインシリーズとか、天は赤い河のほとりとか、氷の魔物の物語(男がめちゃ美形!って一応、これボーイズになるんだよね。それらしい雰囲気あまりないけれど 笑)とか、困った時は星に聞けとか、きらきら馨るとか、銀河英雄伝説(この辺までは手元に残っています)
 まぁ、もう手元には残ってないけれど他にはドラゴンボール、星矢、シティー・ハンター、ドクター・K・・・もう数えられないほど多岐にわたって読みまくっておりました。
 雑誌の種類で言うと、リボン系、マーガレット系、なかよし系、ちゃお系、マガジン系、ジャンプ系、花とゆめ系、少女コミック系、プリンセス系、プリンセスGOLD系・・・・・・・・・・うーん。他・・・他・・・ウィングス系とか?後はもう思い出せません。
 もう全て古本か廃品回収にだしてしまってないけれどね(笑)
 たぶん、今では小説の方が多いような気がする~といってもあいかわらず買っている文庫はライトノベルだけれど。読むのがぱぱーと終わるし同人を格上でライトのベルは良い感じに刺激を受けるのだ♪

まぁ、こんな感じかしら。
改めて羅列してみると、RINKOさんとは世代が同じなせいか似たようなタイトルばかりが並んでいる気がする(笑)
ミュージックの方はまた、今度ー

category: 日々徒然

tb: 0   cm: 0

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。